三月の生理不順落葉

三月に寒い.ひとみを凝らす歳月は指の隙間から、時間だけが過ぎていく.知らず知らずのうちに、山の緑、木々が靑々と茂って、流しの売春婦に抑揚を付けて、百花吐蕊.春の春光が乾坤を泄て!

昨夜の雨、空気を浄化して、前の何日の暗い暗い.コバルト色の靑の空はまるで、まるで湖の湖のようです.朝から散歩に鳥のさえずりと花の香りの中で、心の音を聞いて禪、雨露の光の中で暖かい春に日光の温情を感じる.そっと組ん方步、急がないうつないだけが、ゆっくり楽しめ段すばらしい時間.

大きなキャンバスに二列街路樹のまっすぐに立っている.何の木、何の木、それらの葉は一年四季すべて長いこずえ、葉を落とすことができます.大きな大片の葉は,死には一般的に地上へ破壊され、おおわには、緑陰道、掃い、また、こまめに.木の葉はあたふたと落ちて落ちて、大きな秘密を隠すためには.おもしろい文!おもしろい木!

葉子は葉子に落ちている.一日だけじゃないですか.振り返って見なければこの2列は長い深緑の葉のガジュマル、私は本当に信じられないこれは春.葉子はそうあっさりして、急に興奮してしまった.この厚い落ち葉を踏んで、ふかふか、秋には枯れた落ち葉は「ぎいぎいっの音を踏んだ.これ、季節の音なのでしょうか!

p>と<は朝の霧がまだ間に合って完全に、道の向こうにはまだ遠くに翻っている薄い層の紗.授業の姿、朝の運の足音、隠れに行って.再びこの交差点に戻ったとき、この2つの垂直に交わる道を発見するのは意外にも特別な.東の2列は大きいガジュマル、南の2列はこの知らない落葉樹.

p時間は少しずつ流れてく.午後の懶の春光は私に少しの暑さを感じさせます.歩き、また街路道,生理不順、2列狂っている落葉樹には、また、そこには、また、2列の瘋狂の落葉樹にもなっている!目の前の木の葉、こぼせのは少し誇張します!ずっと、芝居の中で、こんなに美しいシーンがあると思います.今日私はこの目で見たことができます!喜びのあまり、自分の手にカメラがないことを恨んで、この美しい景色を記録することができない.私は大股進み出るしようと、この落葉の狂気と恐れなどを感じる.

全体の午後、私は思うそこの落葉にもかかわらず、今日はちょっと疲れ.夕方、私はまた街路道に来ました.今、空がだんだん暗くなって、まわりは夜のチュールがはおるて、あたりのビルも明るくなってきました.これは黄昏の光景だと思い、落日、散歩の老人家、下校の小さい人形があった.でも、忙しい都会は、淡い悲しみに包まれていた.今の人は何に忙しいのか分からない?私たちはかつて私たちのために、私たちのためには,苦労をしているか?若い時の天真爛漫な夢を覚えてるかな?本当に本当に楽しいことを教えてくださいますか?錯綜交横の街を彩る、燈の下で比類がないのは眩しい.

Pと夕日に酔って、ふらふらしながら、ゆっくりと飲み込んのも瀋下、酔に酔ている

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です