思いの生理不順さすらい

p」過去の過ぎ去ったこと<になってお互い雲煙も、目の前に言ったさよならさえも見えない君が少し悲しみ恨む……

いつも1種の声、めくっても入る心を隔てて;およそ1種の声、揺れる心の魂に棲む;およそ1種の声、令がよみがえる、令躁うつの淡い淡い憂いと悲しみ、安定で、令笑顔と涙を解消し、共同……歌は無言の感動、私は、この音楽の物寂しいと歌詞の哀愁を、文字に落ちてはならない.人生、愁1、苦しみ.この歌声より憂うつ、もっと軟らかい、晶亮の微笑みと優しい涙を思い出、思い出に散ってゆく時間の中で.美しい体験は記憶を豊潤て、心をゆらめくて、悲しみを.不安になる、不安になる……

私は大都会の繁華街を離れて、私はまた静かな町に戻ってくる.霧雨にかすむ、年回りには目が属目.小橋の人は、光の中に埋もれている.楼台ロフトはが、すでに見.道を歩いて心を痛めるの重荷は、もともと重い足どりさらに顕の乱れ.抜け殻の両眼隠れて澄んでいて、ただ呆然と見て週り物や、痛みを喰らい心.どうしても……

あなたの姿を探すよ.君はいないのに、町にはあなたの昔の息吹がある.見て、君と歩く雨靑石の街路の中央、傘を達成した二人の天地.骤雨狂风たとえ激しい獰猛、手のひらには鬼を酢にして食う.聞いて、笑いの声を追いかけて起伏して空気の中で、たとえ私は虚无飘渺令、思わず微笑,
絶對高潮.私たちは糖、単に原子力に頼っているだけで.ただ若い、所詮弱いのはドリップの浸食に耐えられない.時間が愛情のチョコとゆっくり溶けて、これは自然の育成する法則です.世事は無慈悲、たとえあなたは私があなたの私があるとしても……

pの思いは、まだいる、鮮烈ない.十分ではないに濃厚で、はもしさ、あっさりして上品に清新で、水に淡い波紋のように.ほおを吹く風は、しばしば涼をもたらす.突然間分かって、実は人の世の幸せはただ生活の断片を海の中に投影し、あなたの時間は最も甘いの最も美しい.

夜、幻想の海だと、

は、幻想の海だ.夜、夢の世界で.

p>は清<夢幻が見られて、水のように、花が、雲、例えば絵巻、1筋の濃い意の情と私は深く心を打たれた.私の心には、さざ波の涙、私の心には、波の中には、私の心の中には、波の涙,私の心の中には.このような感じはしない中で流れて、数度の花が落ちて,生理不順、そのかすかに見える、星間の中で漫然と漂っている……

私は1杯の緑茶、1段の音楽、私にこのようにほれるして付き合いをさせて.五百年の縁の今生の一回振り返って見て、ごくわずかの縁がある人の中で、あなたはそんなにしっかり栓が住んでいました私の記憶の奥の飄々とした姿は、まるで風,去来自在.

実は私は思い出にはならない、まぜかえすの考えを制御することはできません.君の思い出は朝のように清新で、実はこれも1種の幸福で、少なくとも経験して、経験は幸福の永遠.老けている感じがあるけど.涙は塩辛い、心は苦いが、心は苦い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です