生理期で気分変動に別れを告げます!

前1分であなたは気持ちがよくて、もしかしたら突然に曇が陰を変えます。同僚に短気に怒りやすくて、男の友に大声で責めます。 この種類の気分変動は、生理期のせいです。
気分を制御するようにお願いして、精力剤少しのチーズ、ヨーグルト、牛乳およびいくらかの無公害野菜などカルシウムを含む食べ物を多く食べるはずです。研究によると、女性はもし長期に毎日で1200mgカルシウムを摂取したら、全体の月の気分を確保できます。 カルシウムは欠乏して、ホルモンを下がって益々悪化させることができます。十分なミネラル物質に入って、やっとホルモンの安定を保証することができます。あなたにはいくらかカルシウムの元素スライスを服用して、栄養を保証します。
また、豆乳を飲んで、豆製品を食べて、体内のホルモン含有量を増やすことに役立ちます。
次に、食事を食べ過ぎることに注意します。レビトラ 生理期が来る前の週内に暴飲暴食を拒絶します。実はやり遂げたいと思って、ただふだんのメニューに少し改訂します。 例えば: 昼ごろで食べすぎることはできません。午後に4時頃のお茶休憩時間で少しの小さい菓子を食べて、これもはあなたに夕食を減らすことにやくだちます。
これを通して、生理期で気分変動に別れを告げます!