生理期間に禁止されるべきな行為

生理期間に禁止されるべきな行為

1、過度に腰と背をたたいていけないです。たとえ生理の時、腰と背がだるくて痛いの現象はよく発生しますが、勝手に自ら打つと骨盤腔にさらに充血させます。これで月経過多症また生理遅延を引き起こします。

2、激烈な運動をやめたほうがいいです。走り高跳び、幅跳び、競走、サッカープレーのような運動をすると、月経期間間の全身倦怠することと月経不順を誘発します。

3、浴に座ったり、風呂を採用したりしては良くないですレビトラ。生理期間で子宮頚の口は少し開いて、浴と風呂に座ると汚れた水がとても子宮の腔内腔に入りやすくて、炎症を引き起こすかもしれません。

コルセットズボンを着て、ヒップが小さいタイツは局部毛細血管に圧力をさせるから、これによって血行に影響して、陰部充血のむくみを引き起こします。

5、月経期間で大声で歌うと、呼吸道粘膜と声帯が充血して、また大声で話すと声帯筋肉が疲労しやすくて音声がしわがれてきます。

6、生理期間に歯を動かすことをしないでください精力剤。そうでなければ、歯を動かして出血量が多くなって、その後、長時間血生臭くなって食欲に影響して、栄養不足を引き起こします。

7、塩辛いものをなるべく食べないほうがいいです。塩辛い食べ物を過ぎるため、体の中に塩分と水分が蓄えてきます。生理の前頭痛、気分興奮と怒りなどの症状が発生しやすいです。