男は、どの生理不順ようにしても、健康を避けて、タバコと酒とたばこを避けて

p>男子どう養生<護精子、近年男性精液品質全世界が普遍的な下降傾向で、その原因を追求して、各種の社会と環境要因の影響は避けられないが、生活習慣や生活の細部の影響も無視できない.

例えば:あまり長時間お湯につかって、温泉に入って、サウナ、洗って寝て電気カーペット、高温破壊生精上皮など、生精機能低下.また、喫煙、過度の飲酒、食べ過ぎて豆種類の食品、ひいてはタイトなパンツ、よく座っていない活動やストレス、精子発生障害を引き起こすことができて、それによって男性不妊症の発生につながる可能性.

精子生成と生存の適温度は、体温1~2℃です.冬の風呂長時間は高温環境において、精子の生存環境を破壊させ、また、生のためにも、生を破壊させる.睾丸の生精上皮はもっぱら精子の、破壊、精子の数量、質量、密度、活動力はいずれも低下し、新たな精子を生成する困難がある
媚薬正規販売.これは、赤ちゃんの奇形率が高まることが原因です,生理不順、赤ちゃんの奇形率が高まる.

p>と<これに類似のいつも長い時間泡サウナ、温泉に入って、寝カーペットなども、高熱による生精機能低下.だから,あなたは1つの愛"高温"である男は、適度に高温環境にいる時間を減らして、お風呂に入る習慣のある時間,シャワー.

pは食事の中で、男性生殖機能に最大のタバコ、酒は最大の.専門家によると、長期喫煙や飲酒者数が過剰の精子を吸わない、酒を飲まない人も低く、精子の形態異常率もより明らかに上昇.そこで、妊娠の準備をしている前に、父は完全禁煙、禁酒、受胎と子供の健康を保証している.

でも、禁煙のお酒をやめるのは普通はみんながすべて分かっていて、食べ物は多くの人はすべて思っていませんでした.例えば生綿油、雷公藤(薬草)やゴマノハグサ、天冬、くわえて、オウバクゴマノハグサなど、水石といいます.複方煎じ薬も影響生精機能と低下精子活力.健康で栄養のある豆類食品、豊富な植物エストロゲン、過剰食用、体内内分泌が乱れ、精子の数と活力を減らす可能性があります.出産要求のある男性にとっては、豆類食品を食べる際には必ず適量を要します.

p>夏好き<焼いた男は注意して、焼きと揚げのでんぷん種類の食品に含まれる発ガン毒物アクリルアミド、によって男性が少なく、弱い精.このほか、重金属カドミウム、農薬が殘留して精子に毒性が発生する.

は、研究発見、弱精症患者の精子減少、活力低下、亜鉛と微量元素の不足に密接な関係があるという研究があります.そのため、多く食べて牡蛎、干しえび、動物の肝臓、海苔、ゴマ、落花生、豆類など豊富な亜鉛のこの種類の食品を保証することができて、精の力もルックスも盛り.

体外波砕石は、尿路を治療する重要な方法だという.でも、外国の科学者は治療療法の患者に対して精液の分析を行い、精子の活力と密度が低下していることを発見した

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です