腹の生理不順養生の効果を

漢方医は、人体の腹部を五臓六腑の宮城、陰陽の血気の発祥地.腹をこすると、慢性病と慢性病については、糖尿病性、肺心疾患など、治療効果がありますので、腹は自己養生保健の最良の方法の一つになっている.腸がうごめくことを促進することを増加することができて、便秘解消腹腹筋や腸平滑筋の血の量が増え、胃腸の内壁の筋肉の張力とリンパシステムの機能を強化する食物の消化、吸収は、明らかに改善の大きさの腸の蠕動機能を促進することによって排便の作用によって予防と便秘解消、高齢者特に.腹部にこねから揉んでダイエットに腹部を刺激して末梢神経を通じて、軽重速度によって力のマッサージ、腹壁毛細血管開通、脂肪を消耗をもらって、満足のダイエット効果.寝る前に、寝ることによって、睡眠には、体には、精神的な喜びを保持することがあります.寝る前に腹部を揉んて、寝て、不眠を防止します.動脈硬化、高血圧、脳血管疾患の患者について、腹部を揉んて癇癪、人の心を穏やかに、血の流通、補助治療効果を果たすことができます.胃、十二指腸潰瘍病は毎日早く、中、夕食後に各腹l、約5分揉ん、補助治療潰瘍の目的を達成することができる.胃潰瘍の病気の発生と胃酸分泌が多すぎて.よくこね腹、プロスタグランジン分泌増加を促進することができます、胃酸分泌過剰を阻止し、予防と治療潰瘍病.慢性肝炎毎日早くて、遅い揉み腹は堅持して、舒肝解鬱、調理の好み、解除肝臓区鈍痛さんが悪くて、食欲不振など.患者の手術後腸癒着傷口完全に治った後、自己腹部摩擦,手術後腸癒着の発生を防ぐ.普通は毎日朝起きる前、午前10時,生理不順、午後3時と毎晩3時と毎晩、1回ずつ揉んます.局部組織は手術後に滲出液吸収を吸収することができます.こね腹の方法は通常夜間に寝る前に朝起きて前をあけると、小便洗浄手を取って、仰臥位,膝を曲げる、リラックスして、左手で、腹部の手のひらにへそ、右手左手に重ねて.左回りの方向で、右回りに腹50回、逆時計方向で50回を押して.揉ん時、力を入れて適度に、気力集中、呼吸自然、根気強く根気強く、一定の健康効果を受けます.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です