防寒の生理不順保温に重点的に3部位に注意する

近段時間、天気はますます寒くなって、私たちは経験一年で最も寒い時、この時.草木,万物の活力を潜伏全て隠し、昼が短く、夜が長くて、人の養生の活動もこの特徴を従う.冬の養生、防寒の保温は永遠に第一の仕事、その中、必ず“3つの暖かさに注意して」.

P第一暖かい:頭が暖かい

p>は頭の皮膚の薄い<、血管が太い毛が多いためか、熱エネルギーの配布量はとても大きくて、冬の季節に注意しなければならない頭を保護し、体の熱をすぐ頭からを広めて、甚だしきに至っては損害人の陽の息、機体のエネルギー消耗,紅蜘蛛 効果.臨床研究証明書、低温、強い寒気が襲われ、高血圧、脳卒中などを誘発する心脳血管の病気の発生、心の脳血管病の死亡率が高まるので、特別警戒し、必要な頭部防寒保曖措置、特に弱い人より予防風寒に襲われ頭部、いわゆる虚人が最も恐れ忘れて風.

出かける時に見落とすことができません、頭部の保温、特に風の時に、最高の着用帽子やマフラー.

P第二暖:背中暖かい

を背部ツボ影響寒い局部の筋肉や内臓を伝わって、背中の痛み、頚椎を通じて、腰椎の影響で筋肉や関節、下肢内臓され、様々な不快感.肺の悩み、ぜんそくなどもよく背中に寒さに冷え込む、背筋の保温も軽視できない.

は、夜に横で寝てもしっかりチェックしてあるかどうか注意してから,着てたらベストやショールをしてはならない.

p第3暖:足暖かい<P>Pは足元から.足は心臓から一番遠い場所、冬最も簡単に供血不足のために、最も容易な出現の冷たいの場合、女性は冬になるとされて手足が冷たいの症状で悩んで.足が冷え反射的に上気道粘膜内の毛細血管収縮、繊毛スイング遅くして,生理不順、抵抗力が低下し、ウイルス、細菌を乗ずるすきがで、風邪を引く人.

だからなるべく

冬足首素足で靴を履く露やないで、特に手足非常に冷たい症状の女性の前に最も良いお湯で足を浸して約じゅう分浸し終わってから、急速にふいて厚い靴下を着安眠できます.

Pブレア-.P

杜仲平圧カプセル

高血圧薬库常用薬

高血圧常用薬品「/ p>倍彼の楽克尼群地平片吲達パミン片コンボが維卡托普利片複方バシクルモン地巴唑片化合利血平片缬沙タンカプセル脂降寧片珍菊降圧片複方杜仲片多く薬品に入ってください>薬库>、

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です